インターネット環境が整備され、誰もが毎日のようにパソコンやスマートフォンを使用するようになってきた現代においては、従来型のマーケティングに加えて、『マーケティングコミュニケーション』といった考え方が非常に重要になってきています。

 

コミュニケーションのマーケティング求人

 

そのため、業界を問わず多くの企業が、マーケティングコミュニケーションに携わる人材を募集する求人案件を出しています。

 

求人の傾向としては、WEBを活用したマーケティング行うポジションが中心です。具体的な内容としては、オウンドメディアの構築やSNSの活用を通してユーザーとの双方向のやり取りを行い、すくい取ったニーズ・課題を事業に反映させていくといったものとなります。

 

また、顧客インサイト分析など、ビッグデータを活用することにより、限りなくOne to Oneなマーケティングの実現を目指すデータアナリストといった求人案件も存在します。

 

このように様々な求人が発生していますが、マーケティングコミュニケーションは定義自体が曖昧なため、自分の望みに合致した求人を選ぶためには、業界と企業の内情をよく知るプロの助けを借りるのが一番です。

 

下記にマーケティングコミュニケーションに関する豊富な知識と実績を有している転職エージェントをリストアップしていますので、転職を考える際にはぜひ相談してみてください。保有求人数も多いので、希望条件に合致した会社を紹介してもらえる可能性が高いです。

 

ビズリーチ

ビズリーチは最後まで職務経歴書を記入しないと、求人案件を紹介してもらえません。登録作業は数分で済むので、最後までキチンと入力しておきましょう。僅か数分で有力な転職先がみつかるどうかが大きく違ってきます。特に現在の年収が750万円を超える人の場合、より好条件の求人を同時に複数紹介してもらえる可能性が大です。

 

年収1000万円レベル、もしくは1000万円オーバーのハイクラス求人専門の転職エージェント。マネジメント職、専門性の高いプロフェッショナル職の求人案件を多数保有しています。

 

マーケティングコミュニケーション関連の求人に関しては、広告、人材サービス、コンサルティングといった業界からの人材募集案件を扱っています。顧客のインサイト分析を行うアナリスト・リサーチャー、ソーシャルメディア運用・社内外広報業務に携わるPRマネージャーといった職種の求人が中心です。

 

広告・メディア業界におけるマーケティング経験者を求める企業からの求人が多くなっています。また、これらの業務を統括する管理職候補を募集する案件も出ており、チームマネジメント経験を有している人材が募集されています。

 

様々な領域の経験・知識とマネジメントスキルが求められるため、ハードルは高くなりますが、それだけに条件を全て満たす人材に対しては、1000~2000万の年収が提示されるケースが多いです。

 

リクルートエージェント

9万件以上の求人案件を保有する国内最大手転職エージェント。外資系・日系グローバル企業からの求人案件に力を入れているため、マーケティングコミュニケーション絡みの求人についても、外資系企業からの案件を中心に多数扱っています。

 

マーケティングコミュニケーションをベースにしたWEBマーケティングを担当する人材を募集する、広告・マーケティング会社やソフトウェアメーカーからの求人が中心です。

 

クライアントのブランディングをサポートするWEBマーケターや、メディアおよびインフルエンサーとの積極的かつ良好な協力関係の構築・維持に努めるPRコンサルタントといった案件が出ています。

 

ユーザーとの高いコミュニケーション構築能力が求められており、WEBマーケティングの実務経験に加え、PR経験も求めるといったハードな内容の求人が中心ですが、条件を満たしている場合は年収1,000万以上の報酬も狙う事ができます。

 

A・ヒューマン

業界別の専門コンサルタントによる質の高いサポートが特徴の転職エージェント。マーケティングコミュニケーションの案件についても、多数保有しています。

 

ラグジュアリーブランド、家電メーカーといった企業からの求人が中心です。自社ブランドの認知度向上・新規顧客開拓のためのマーケティング(各種メディア対応、WEBサイト構築・運用・改善、PR戦略立案、競合分析)を担うポジションの案件が多いです。

 

WEB製作やカタログ・DTP製作などの業務経験、該当業種におけるマーケティング経験が要求される求人が大半です。

 

SBヒューマンキャピタル

ソフトバンクグループが運営する転職エージェント。WEB・インターネット関連企業からの求人案件に強く、マーケティングコミュニケーション関連の求人についても、カバーしています。

 

インターネットマーケティング会社からの求人が大半です。リターゲティング広告の運用によるクライアントの収益最大化、プロモーション用サイト企画・製作、One to Oneプロモーションチャネルを用いた新規会員獲得プロモーション企画立案といった業務内容の求人が中心です。

 

WEBマーケティングの実務経験や、オンライン広告に関わる実務経験など、即戦力となる能力を持つ人材のみに募集が限定されています。

 

ロバート・ウォルターズ

1985年に英国ロンドンで設立、2000年より日本にて事業を展開している人材紹介会社。バイリンガル・スペシャリスト(語学に堪能で、かつ特定分野における高度な専門知識・経験を持つビジネスマン)を求める外資系企業、日系グローバル企業からの転職案件に強いエージェントです。

 

化粧品メーカー、通販会社、WEBサービス提供企業から、マーケティングコミュニケーションのスペシャリストを募集する求人案件を保有しています。商品認知から購入、その後のリピート購入までの顧客行動に基づいたコミュニケーション設計、顧客単位でのLTV最大化に向けたチャネル横断施策の企画立案等といった業務内容の案件が中心です。

 

どの企業も、CRM業務全般を幅広対応出来る人材を望んでいるため、CRM実務経験を持ち、さらにソーシャルメディアマーケティングやEメールマーケティングにも精通しているハイレベルな人材に対する需要が高くなっています。

 

また、CRM施策を実行する部署を統括するマネージャー候補の募集案件も多くなっており、CRM業務に関する知識・経験とマネジメントスキルを兼ね備えている人材であれば、かなりの好条件が提示される可能性があります。